コートに関する情報満載のサイトです。

コートを翻して

その年のコートの流行を探る

朝夜の冷え込みが始まる頃クローゼットからコートを出して着ることも多くなります。
チェスターコートが流行っていますが、細見のメンズっぽいテイストでとてもかっこよくきこなすことができます。
マニッシュが流行していますが、通勤にも使えるのでとても着こなしやすいといえます。
ノーカラータイプも最近よく見かけます。
襟がないタイプで首回りがスッキリとみえ、ボリュームのあるストールやファーなどと組み合わせしやすく着こなしに変化をつけることのできるアイテムといえます。
あえてシックな色合いを選ぶとさらに使い回しがしやすいでしょう。
オーバーサイズのコートも注目されています。
ドロップタイプと言われ、肩のラインがなで肩のように作られており、女性らし丸みをおびたシルエットになります。
ボリュームがあるぶん、ボトムをスリムなスキニーなどと合わせると小顔にもなり、スタイルが良くみえます。
スカートと合わせやすいのも特徴といえます。
ボリュームを気にされる方はドロップタイプのショート丈のものもありますので、こちらは小柄な女性のおすすめです。
種類が豊富なので、流行にとらわれず、自分の手持ちの洋服にあったテイストのものを選ぶとよいでしょう。

寒い時期にコートは必須

真夏と違い冷たい風や雪など、体を震わせるほどの寒さを感じさせる冬にコートは必須です。
ニットやセーターなどでは防ぎきれない風を遮ってくれるので1枚持っていると安心です。
室内ではセーターやシャツで過ごし、外に出るときに羽織るといった使い方ができます。
特にコートを必要とするのがスーツスタイルの時です。
スーツの時は男女問わずコートを羽織ることがビジネスのマナーとなっています。
会社に行くのに派手な色のダウンジャケットなどを着ているとそれだけでイメージがダウンしてしまいます。
男性は黒か紺の無地のもので、ひざ上位までの長さの丈のものが人気です。
普段着るジャケットなどよりも少し長いものでシュッとしたスタイルのものを選ぶと間違いないでしょう。
女性は特に色は決められていませんが、黒か紺、ベージュやグレーといったベーシックな色のものを選ぶとよいでしょう。
また、女性は形もあまり決まりはないので多少カジュアルなものでもそれがスーツに合っていれば問題はありません。
社会に出るとスーツを着る機会が増えると思います。
バッグや靴など小物類も多くそろえる必要があるのが社会人です。
1つ1つのマナーをしっかりと理解し、自分なりに着こなすことが出来たらとても素敵です。

Favorite

意匠登録出願を依頼
http://www.tokyo-kaneko-po.com/service/design.html
卒業式 袴
https://sotsugyo-hakama-rental.jp/
留袖 レンタル
http://www.tomesode-myselect.com/
人感センサーライト
http://goodtoku.com/?pid=88357637
児島 美容室
http://hunthair.jp/

2016/6/23 更新